金玉がかゆくて仕方ないけど病院めんどいから薬局最強の薬で抑える陰嚢湿疹



どうも金玉がかゆい管理人です。
最近睾丸あたりがやたらと痒くて痛くて困ります。
10代の痒みと違って歳を重ねるとねっとりしてなかなか治りません。
というか毎日風呂に入る程度では治りません。自然治癒能力の衰えです。
そしてどうやら陰嚢湿疹とやらに進化している模様です。
どうしたもんかと色々チャレンジした日記です。

スポンサーリンク

まず病院にいけばすぐに治るのは間違いありません。
ですので病院に行くのが正解です(^_-)-☆

でも、忙しかったりめんどくさかったりなんですよね。
もちろん私も時間がないし日曜日は救急しかやってないし(都会は違うけど)
となるとまずは塗り薬に頼ることになりますよね。

金玉がかゆくて、掻き過ぎ痛いレベルの自分はほぼ陰嚢湿疹とセルフ診断。
でも病院めんどいからファーストステップはAmazonで購入することから始めようとおもい色々チェックして有名どころを購入。
フェミニーナ軟膏、デリケアエムズ、ムズメン、エムズワン製品などCMとかでわりと名前を知っている薬は大体試しました。

しかし陰嚢湿疹に進化している金玉にこんな優しい薬は効かないのです。
正確には一時的に痒みを抑える程度なんです。
程度の軽いときはそれでいいのですが、湿疹レベルだとまあ無理でした。

ネット通販で有名なのは概ね効果なしの金玉レベルです。
となると日曜日でも安心の薬局にいくしかありません。
薬剤師さんがいるとこだとベストですが、品ぞろえの良さそうな大きい薬局にします。

すると今までみたことのない文字があるのです。
「ステロイド」と書いてます。
皮膚炎コーナーをチェックしているとステロイドが入っているものがこの一つだけです。

おお「シオノギは有名だ」ステロイドは強めの薬に含有しているとうろ覚えの自分は店員さんに聞いてみます。

「すみません。やっぱりステロイド入ってる方が皮膚に効きますかね?
と聞いてみると
「はい、強めの薬なので荒れるから嫌だって言う人もいるくらいですよ(#^^#) 

なんとステロイド様に期待が膨らみます。
指定第2類医薬品の意味はまったくわかりませんでしたが、シオノギCF軟膏を購入して帰ります。
で3日ほど使用したらまあ、半分以上軟膏を残して治りました(^^♪

痒くも痛くもありません。シオノギ様最高です。
という陰嚢湿疹に悩んでいる方は試しに薬局行ってみてください。
もちろん下手に薬を使いまくった私は病院より無駄にお金を使ったに違いありません。
最初から病院なり薬局なりに行くべきでしたね。

金玉がむれむれ痛痒い貴方は間違えないでくださいね。

ちなみにアマゾンや楽天で購入するとシオノギは送料分高いです。
薬局に行った方が安いのでご注意を。

スポンサーリンク

ブックマーク

コメントを残す