ジブリの森美術館の作品とグッズ



ジブリが大好きなら一度は行くべきなジブリ美術館
東京の三鷹にあり「三鷹の森美術館」とも呼ばれています
入場料が
大人で1000円
高校・中学生で700円
小学生で400円
幼児で100円
とかなり格安な値段設定にされています

開館時間は10時~18時ですが予約制となっており飛び入りで行くと入れない事が多々あります

また時期によっては休館日が多く設定されているため事前にしっかりチケットを購入し入場することをおすすめします

スポンサーリンク

ジブリの作品とは

ジブリを日本で知らない人はまずいないでしょう
中には日本を代表するような名作も生み出されており今回は個人的におすすめ出来るジブリの名作を紹介します

1.千と千尋の神隠し
2.トトロ
3.魔女の宅急便
4.ハウルの動く城
5.ゲド戦記
6.崖の上のポニョ
7.天空の城ラピュタ

これらはアカデミー賞を初めとする様々な賞を受賞している名作ばかりです

海外にもローカライズされ放送されるなど世界中から愛される映画と進化しています

 

ジブリの大博覧会

 

今年2018年には兵庫県でジブリ大博覧会が開催中です
4月7日から7月1日の約3か月間兵庫県で様々なジブリの作品が展示されています

チケットは
当日券1600円
前売・団体件1400円
平日限定前売券1300円
と比較的良心的な価格に設定されています

東京で50万人を動員したほど人気で兵庫でも連日かなりの人でにぎわっているようです
そのためもしも行かれる機会があれば平日に時間を見つけて前売り券を買った方が安く・ゆっくり見れるかもしれません

 

ジブリの都市伝説

ジブリ作品にはどこから出てきたのか「裏設定」「都市伝説」と呼ばれるものが存在します
今回は一部名作を抜粋しその都市伝説を紹介していきたいと思います

・となりのトトロ
さつきとメイは実はすでに死んでいる(作中後半で2人の影がなかったり父や母から姿が見えなくなってしまっている)

・魔女の宅急便
作中で出てくる良い所に務めている家政婦さんと紅の豚のヒロインのフィオが親戚

など事実かどうかは分かりませんが調べてみると新しい目線で映画が楽しめるかもしれませんね
 

スポンサーリンク

ブックマーク

コメントを残す