KDDIのWowma!に個人出店の申し込みをしてみた結果



個人レベルで物販をする際に最も簡単なのはメルカリやヤフオクだと思います。
今はフリマアプリもたくさんあるのでフリマでがっつり物販してもいいいですよね。

今回は今話題のwowma!に出店をしようと思い申し込みしてみました。

スポンサーリンク

wowmaは2017年にサービス開始したばかりなのでねらい目でもあるとおもいました。
もともとはAUショッピングとDENAショッピングがあったのですが統合されてできたものです。

なぜwowma!にしたのか?
前述のとおり、ヤフオクでもメルカリでもいいわけですが・・・
違いは「客層」です。

楽天、アマゾン、wowmaなどと、ヤフオク、メルカリなどの客層はかなり違います。
ヤフオク、メルカリはだれでも出品できるというメリットはありますが、お店という意味の信頼は薄いのです。

もちろんヨドバシドットコムなどが最上級ではありますが一般参加ができないので除外します。
楽天、wowmaは入会審査が厳しいのでお客さんもある程度の安心を買えるのです。
出品難易度で言うと
●ヤフオク、メルカリは簡単
●アマゾンはちょっとだけ厳しい
●楽天、wowmaは厳しい
という感じです。

ヤフオクやメルカリは安く購入できるメリットはありますが、手間だと感じたりする客層は普通に楽天,wowmaに流れてきます。
アマゾンが最安値だったのはもう昔の話です。配送スピードもヨドバシのほうが早い場合もあります。

では個人レベルでwowmaに出店しようとするわけですが
まずは「資料請求」から始めます。
wowma出店で検索して資料請求してみましょう。
法人、個人どちらでも可能です。

翌々日までに相手からアクションがあります。
電話をしてくれるのですが、出ない場合はメールを送ってくれます。
メールだけのやり取りも可能ですが、時間のあるときには電話対応してもいいかもしれません。
私が対応したかぎりではかなり感じのよい担当者でしたのでKDDIはレベル高いですね。

wowmaのメリットをちょっと書きますと
ほかのモールに比べて出店手数料が劇的に安いです。
アマゾンも安い印象ですが手数料が馬鹿みたいに値上がりしてきて今後は出品者としてはアマゾンを利用することもないでしょう。
楽天はまず、新規申し込みで60000円とかかかるので個人では馬鹿馬鹿しいです。

ほかにもストアーズやベイスもあるのですが集客という面でかなり落ちます。

wowmaで申し込みを続けようとすると証明書の提示を求められます。
住民票と印鑑証明書が必要です。区役所などで発行する手間がありますが、いたずら目的を振るい落とすには仕方ありませんね。


メールが届きました。
さて、手厚いサポートのすすめ通りにしていると運よく審査通過です。
このあとは必要書類に記入して提出です。

厳しい審査ではありますが、無理なくできる範囲だとおもいます。

 

スポンサーリンク

ブックマーク

コメントを残す