iPhoneの落下と修理



結構iPhoneを持っている人は多いと思いますが、それと同時にiPhoneを落とす人も多い気がします。

5までは手のひらに収まるサイズが中心で展開されてきましたが、6以降からはサイズの大きな画面のみやすいモデルが販売される様になり、現在は8のシリーズが現行機種となっていますが5s辺りから比べると、標準サイズでも若干大きくなったと思うのです。

スポンサーリンク

なので、手のひらがまだ小さい中高生や女性がよく落としてしまうと言う話を聞くのですが、落とすと必ずと言っていい程画面が割れてしまうそうです。

画面が割れるだけならまだ画面部分の交換だけで済むかもしれませんが、iPhoneを落としたら画面だけ壊れて終わりではなく別の部分も壊れてしまっている可能性が高いので、画面の部分だけ交換したとしても本体の重要パーツも破損していたら、またiPhoneを買い直した方が良いそうです。

でも、普通は何らかのケースに入れて手に持つことが多いので、そんなに滅多に本体まで壊れてしまうと言う事は無いんじゃないか?と考えるかと思いますが、よっぽど衝撃に強いタイプのハードケースでもない限りは落としたら確実に何かしらが壊れてしまうそうなのです。

また、画面は壊れていなくても画面が浮いてしまったりズレる事がiPhone5以降では多く確認されているのですが、実はiPhone5以降の機種のフロントパネルは、フロントパネルのプラスチックベゼルに爪があって、それをアルミパックフレームの内側に引っかけてフロントパネルを固定しているのです。

しかし落下の衝撃が大きいとこの爪が壊れてしまうので、それで画面がズレたり浮く様になってしまうのです。
この時状態でまた落としてしまうと今度は確実にフロントパネルが割れてしまうので、出来ればなるべく早く修理に出して欲しいですね。

また、パソコンの様にブルースクリーンが出たり、その後にレッドスクリーンが出た場合はもう確実に壊れてしまっているので早々に修理に出したい気持ちになるかも知れませんが、このスクリーンが出た場合はほぼ確実に本体まで壊れてしまっています。

中に保存した画像やアプリなどのデータも綺麗に壊れてしまっている事が多いので、iPhoneを落としてしまった!と画面を見た時に、いつもとは違う様相を見せていたら買い替えするしかなくなるので、十分に気を付けて衝撃に強いケースに入れるなどの対策をして欲しいと思います。

スポンサーリンク

ブックマーク

コメントを残す